時の円環

2012.05.22 (Tue)
その瞬間、朝の街は時間が止まっているようでした。

120521_0733~01

ロマンチックなひと時。
しかとこの眼に焼き付けました。


焼き付けられた金環の残存。
やはり、直接覗いたらいけませんな。


ふと気がつけば5月も後半へ突入。
信じられないスピードで歳月が進んでいく。実感ではなく、体感。

追い立てられていく日常。
変わらない。

関連記事
Category: 日々
back-to-top