S.T.U.みちのく旅情編

2013.09.19 (Thu)
遅ればせながら、みちのく旅日記を。


ハードで充実した三日間の旅になりました。たくさんの出会いと再会に感謝します。

9/6 なまず亭にて
1185142_389647281164415_1031476307_n.jpg

おかげさまで一年になりました。
自分のたちの演奏スタイル、増えた楽曲など今一度振り返ってみる良いきっかけ、転換期が訪れたのではないか。
ご期待ください。

今回のスペシャルサンクスは福島在住ミュージシャンの山ちゃんと國分さん。
お二人とのぶっつけ本番セッション、楽しかったです。
またwith S.T.U. もよろしくお願いします。


9/7
梁川でのライブに向けて愉快なみなさんとリハーサル。
真治くんの地元、国見町へ。


の前に「もっこりラーメン」に挑戦するが...

SN3S1535.jpg


震災後、役場として機能しているという国見町の観月文化ホール。
日常の風景となってしまっている線量計もありました。

SN3S1536.jpg

SN3S1537.jpg



梁川「百萬馬力」
1170915_389647557831054_125141504_n.jpg

ドラム真治くんのコーディネートで実現したセッションライブ。
梁川交響楽団のみなさんともお会いすることができた。
ありがとうございました。

やり残した色々も、また次回!


9/8 福島音楽堂

SN3S1551.jpg

1175361_327669210703782_764255061_n.jpg

高い天井と巨大なパイプオルガン。

三日目は孟暁亮さんを中心とした中国古楽器アンサンブルのコンサートお手伝い。
編鐘という2400年前の古楽器を軸としたシルクロード、大陸な音楽。
なかなか見られない真治くん&咲さんのコスプレもよい(笑)。



旅を通じて貴重な経験や繋がりを得る事ができました。
関わってくれたみなさん、ありがとうございました。

そして最後になりますが、S.T.U.の真治くんと咲さんにも最大限の感謝を(笑)。
三人とも翌日ボロボロでした(身体的に)。


また来ます福島。
近いうちにお会いしましょう!
関連記事

back-to-top