Prologue

2015.04.24 (Fri)
FEAST OF SPRING


image100021.jpg


S.T.U.春の福島ツアーに遊びにいらしてくださったみなさん、
気にかけてくれたみなさんありがとうございました。

新しい出会い、そして再会がありました。


簡単ではありますが旅を振り返ってみます。


ラジオ福島「かっとびワイド」
P1060026.jpg

福島チームとのリハーサルの前にちょこっと寄り道。
今回なまず亭で共演したShimvaさんがMCを務められている「ShimvaのSOUL」というコーナーにお邪魔してきました。
ラジオ福島のみなさま、コーディネートしてくださったコージさんとShimvaさんありがとうございました!
真治くんが舌好調でした(笑)。


リハーサルでA.O.Z.
10452300_10152665579096612_1129214921276016549_n.jpg

その後トロンボーンのタケダマンこと竹田学くんも到着。
急遽セッションにも参加。
アドリブ開眼中!
今回はドラムの真治くんの新曲「夜桜御酌」をなまず亭で初披露。
ファンキーでダンサブルな酔いどれ曲。コージさんのフェーダーボードもS.T.U.初導入!


なまず亭にて
P1060037.jpg

Shimvaさんの人柄溢れるソウルフルな歌と詩世界。
そして、フロントマンらしい立ち居振舞いと姿勢。
素晴らしいヴォーカリストでした。
サポートにはシーナ&ザ ロケッツ等でも活躍されていた野島健太郎さん。
ピアニストでありギタリストでもあり。
多彩なだけでなく、グルーヴの芯も兼ね備えた方でした。

ああいう大人になりたい(笑)と思いました。
またの共演のお話しも!


出演者一同じょにさんを囲んで
10394472_818899981528731_7793206561174028814_n.jpg

左手前より、スティール・パンの石川さん、Shimvaさん、咲さん、コージさん。
真治くん、学くん、なまず亭じょにさん、私、野島さん。

※雰囲気ある写真を撮ってくださった黒須さんありがとうございました。



一路、会津へ
P1060045.jpg

今回もお世話になった人里離れたコージさん宅にて束の間の休息を。
雪もほとんどなくなって山の澄んだ空気に包まれる朝。
山を越え近くて遠い会津を目指します。



SLに遭遇!
mini_150418_1435.jpg

休憩に立ち寄った「道の駅ばんだい」にて偶然遭遇。
乗ってみたい。。



喜多方bal
mini_150418_1608.jpg

蔵の街、喜多方。
趣きある佇まいからのスペイン風居酒屋。
なんとも洒落ております。
お料理も素晴らしい!



安藤三緒 ✖ S.T.U.
image.jpeg

安藤三緒さんです。
東京と福島にて弾き語りをしたりサポートしたり。
今回は5月17日に福島県文化センターで行う「高木まりこ口笛コンサート」の打ち合わせを兼ねて来福。
せっかくなのでジョイントしました。
遥々ありがとう。


手代木哲 ✖ S.T.U.
image10001.jpg

私の大学時代の先輩、手代木哲さん。
喜多方に戻られて7~8年になるそうで、今回は縁あって共演する事となりました。

手代木さんとは少し歳も離れていたこともあって、先輩以上の先輩。
今も変わらぬ「背中で弾き語る男」

つまり、当時はほとんど接点も会話もなし(笑)。

紆余曲折の末に再会。
2014年秋からS.T.U.で喜多方に行けるようになり、手代木さんとの共演も実現。

変わらぬ歌声とソウル。

いや、変わっていたのかもしれない。
歌や音楽は人生そのものだから。



ライブ会場を提供してくださった喜多方バルの中鶴さん、スタッフのみなさんありがとうございました。
温かく迎えてくださった会津のみなさまも、ありがとうございました!
またぜひ伺えたらと思っています。


そして、S.T.U.と喜多方を繋いでくれたコージさんにもあらためて感謝をお伝えしたいと思います。


当たり前のように続けていた音楽が、たくさんの人や記憶と繋がる。
あらためてそれを気付かせてくれた旅となりました。

また一つ旅が始まったのかもしれない。


S.T.U.次回は6月に福島に行くことになりそうです。
気にかけていただけたら幸いです。


それではまたお会いできる日まで!


安藤亮輔

1907520_792722454139397_8413902882022844603_n.jpg
関連記事

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top