記事一覧

ソニックトライアンダーグラウンド(S.T.U.)、Daysリリースツアー in 東北 後半その壱 (山形~仙台)

Effectplus_20161120_112214.jpg

東北ツアー後半、その壱です。

喜多方でのライブを終え山形へ向かいます。
その道中、というか寄り道で蔵王へ。



11月11日


蔵王温泉 川原湯共同浴場
KIMG1233.jpg

KIMG1234.jpg

硫黄泉でPH濃度が1.4と強めです。
僕らが入った時お湯そのものはそこまで熱くありませんでした。
が、温浴効果は高く後からじんわりきます。

浴槽下のスノコから源泉が涌いてきているのが珍しかったですね。
スキー場も近いし、シーズンのときは最高かなと思います。



山形ジャズクラブ MERCY
http://mercy.office-agent.co.jp

KIMG1236.jpg

KIMG1237.jpg


今回で二度目となる訪問になりました。暖かく迎えてくださったマーシーご夫妻、ありがとうございました。
ライブと新作を楽しみにしていてくださった方、ふらっと遊びにいらしてくださった方も。
色々な感想をいただけて嬉しかったです。

ジャズライブ、セッションを中心に行っているお店ということもあって、
ウッドベース、ビブラフォンなんかも置いてあります(個人の私物っぽいけど)。
今回はスタンダードの「チュニジアの夜」をS.T.U.らしく7拍子にアレンジして演奏しました。
11、12月の神奈川、東京ライブでも披露予定です。お楽しみに!




11月12日

旅も折り返しを過ぎ一路宮城県仙台市を目指します。

とその前に山形といえば蕎麦、というわけで...


坊板蕎麦

KIMG1243.jpg

迫力の300g!
自家栽培という、こちらのお蕎麦は歯応えも香りも抜群でした。

そして、同じくらい素敵なのがこちらの庭園。

KIMG1241.jpg

車でないと行きづらい隠れ家感も味わえます。
この旅、最大の贅沢だったかも?



宮城県へ入ります。



秋保(あきう)温泉共同浴場

KIMG1247.jpg

当然温泉にも立ち寄りました。
同じ宮城県内にある鳴子温泉、福島県の飯坂温泉とともに、奥州三名湯の1つとされているとのこと。
人気のある共同浴場で場所も良いせいか、常にたくさんの方が訪れていました。
回転率も早いので洗い場もすぐ使えました。
お湯はナトリウム、カルシウムなどを多く含んだ塩化物泉で少し熱めで、とても満足感ある湯でした。
かなりオススメです。

寄り道もそこそこに仙台市内へと進みます。



仙台チャーリーズレモンカントリー
http://charlyslemoncountry.com

Effectplus_20161120_112715.jpg

なんと福島から急きょ、ディジュリドゥのコージくんが駆けつけてくれました!
ディレイをかけたエフェクティブなソロはすごいトリップ感でした。

さらに、

Effectplus_20161120_112740.jpg

レモカンのアイドル、ゆきえ先輩も加わってオリジナル「East Underground Connection 」を合奏。
グロッケンパートでフレーズ、アドリブに大暴れでした。
楽曲にまた新しい命が吹き込まれたような、そんな嬉しい感覚。
何よりも、楽しく演奏できたのが一番でした。

コージくん、ゆきえさん、ありがとうございました!


パーカッションサミット?
Effectplus_20161120_112011.jpg

ダラブッカでセッション参加してくれた櫻井くんと、ドラムの真治くん。
イケイケなダラブッカソロを披露してくださいました。
いつもありがとう!


遅い時間にも関わらず遊びにいらしてくださったみなさま、
セッションご参加いただいたみなさまも、ありがとうございました!

そしてレモカンのママさんとPAのきんやさん、お世話になりました。
また伺わせてください。


S.T.U.

Effectplus_20161120_112306.jpg

人文字も完成。
真治くんは難しいほうの“S ”にチャレンジ。


ツアー後半その弐へ。
今回の旅の終着点、秋田県横手市を目指します!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ando Ryosuke

Author:Ando Ryosuke
●プロフィール
Bass奏者 安藤亮輔のブログです。
オリエンタル音楽アンサンブルAlladeen(アラディーン), Libera Cielo(リベラシエロ),S.Y.S.,Romani,Sonic Tri Underground(S.T.U.)など多方面でのライブ、セッション、レコーディングなどおこなっています。
音楽のことに加え各地での旅や日々の記録など綴っています。

●ディスコグラフィ
http://andoryosuke.blog.fc2.com/blog-entry-202.html

Ryosuke Ando

バナーを作成

Instagram