記事一覧

記憶の島

photo_aboutmuseum.jpg

川崎市岡本太郎美術館

「岡本太郎の動物」
というのが今回のテーマ。

太郎さんが描き作った、愛らしく茶目っ気たっぷりで時に獰猛な動物たちの姿をたくさん観ることができる。

野生の烏を飼っていた事など初めて聞くエピソードもあった。
「飼い慣らされたペットなんて卑しい。自由で自立した存在であるべき」とまで言いきる姿勢には、ただの強い物言いだけではなく、人間も含めたすべての存在に対する平等と深い愛を感じる。


企画展は「記憶の島―岡本太郎と宮本常一が撮った日本」
と題して二人の旅人の写真を見比べていき、当時(1960年代後半中心)の日本の実在に迫る、というもの。「写真家」岡本太郎もすごく魅力的。
こちらも大変おもしろかった。

二人の着眼点・被写体は似ているものの、構図の切り取り方や一瞬の捉え方は全く異なっている。
太郎さんは作品的。宮本さんは「あるがまま」という印象。


10/8までやっているそうなので興味ある方はぜひ足を運んでみては?


mini_120826_1602.jpg

『手の椅子』にてパチリ。してもらった。

プロフィール

Ando Ryosuke

Author:Ando Ryosuke
●プロフィール
Bass奏者 安藤亮輔のブログです。
オリエンタル音楽アンサンブルAlladeen(アラディーン), Libera Cielo(リベラシエロ),S.Y.S.,Romani,Sonic Tri Underground(S.T.U.)など多方面でのライブ、セッション、レコーディングなどおこなっています。
音楽のことに加え各地での旅や日々の記録など綴っています。

●ディスコグラフィ
http://andoryosuke.blog.fc2.com/blog-entry-202.html

Ryosuke Ando

バナーを作成

Instagram